タオバオ比較.com

よく読まれている記事

DIY用にネットショップで購入したタイルで失敗したこと

Pocket

届いたタイルはズシッとした重さがありました

35歳、自営業をしている女性です。

ネットショップで購入して失敗した経験、あります。

DIYで玄関周りをタイルで装飾しようと思い、いろいろなお店を探しました。

ホームセンターで見てもなかなか思うようなものがなく、ネットショップでも探しました。

何日か探していると、ようやく気に入った色合いのタイルが見つかりました。

私は、タイルを床だけでなく、壁にも張って装飾したいと考えていました。

ですから、なるべく軽量で、両面テープでも付けることができるものを希望してました。

ネットショップで見つけたものは、写真の感じがすごく薄いタイルで、考えていたように両面テープで付けられそうだと思いました。

そして、迷うことなく注文しました。

いざ数日後、届いて開けてみる前に、何やら重いと感じました。

結構枚数を頼んだので、そのせいだろうと開けてみると、一枚のタイルを持ったときの重さが、想像以上に重かったのです。

ここで失敗したと気が付きました。

自分が思っていたような軽いタイルではなかったのです。

ふと購入したときのことを思い出してみると、タイルの重さをきちんと確認していなかったと思いました。

写真の見た目のタイルの薄さと、気に入った色合いに気を取られて、肝心の重さを見逃していました。

それに、薄いのだから、軽いだろうという思い込みもあったかもしれません。

一枚のタイルを持ったまま、どうしようかと数秒間フリーズしていました。

考えた結果、そのままタイルをダンボールに戻しました。

そして、返品や交換をすることなく、いまだに使うことなく家にダンボールのまま置いてあります。

なぜ返品交換しなかったかというと、単純に返品する作業が面倒に感じたのと、もしかしたら、どうにか使えるかもしれないと思ったからです。

価格にすると数千円の買い物でした。

すごく安い買い物ではないですが、大金を注ぎ込んだ買い物というわけでもありませんでした。

きっと大金をはたいていたら、絶対に返品交換をしてもらったと思います。

このくらいなら、仕方ないかと思えるような金額だったことも、返品しなかった理由です。

それにしても、いつか使うかもしれないと思い、取っておいたもので、実際にいつか使うものはどのくらいあるのでしょうか。

結局お蔵入りしてしまうものがほとんどです。

今回のタイルもそうです。

ダンボールに入ったままなので、たぶん綺麗なまま使えると思います。

特に腐るようなものでもないですし、使おうと思えば、いまでも使えるでしょう。

ですが、こうしてあることを思い出しても、なかなかじゃあ使おうという気になりません。

本当にもったいないです。

購入する前に一度最終確認を

ネットショップは、形態やパソコンの小さな画面でいろいろなショップを気軽に覗いて買うことができます。

ですが、実際にお店に見に行くのと違って、店員さんがいません。

実際のお店では、こちらがこんなのを探していると店員さんに聞けば、それに見合うものを用意してくれて、説明もしてくれます。

買い間違えることはあまりないように思います。

それがネットショップになると、説明書きを自分で全部しっかりと読まなくてはいけません。

本当にその商品を買っても大丈夫かと確認してくれる人もいません。

自分だけで判断して購入することになります。

これが失敗の原因ではないかと思います。

私はタイルで失敗してからは、ネットショップを利用するときに、同じものを買うなら、より詳しく説明を書いてくれているお店を選ぶようにしました。

自分が知りたい情報がきちんと書いてあるかチェックして、購入ボタンを押す前に、何か確認することはなかったか、今一度思い返すようになりました。

そうすると、最終的な購入ボタンの前に、ふと気が付くこともあり、慎重に買い物ができ、失敗することもほとんどなくなりました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*