売り上げが伸び悩んでいる原因

Pocket

今回のセミナーでなぜ広告だけではなく
OEMの部分からお話ししているのか?

そこに疑問を持った方もいると思います。

売り上げを上げるには複数の要素が必要

広告について僕が伝えるのであれば
広告セミナーだけでいいのでは?と
思うかもしれません。

ですが、いくら広告が使えても
結局その後が出来ていないと売り上げに
つながりません。

大事なことはお客様が商品を買うかどうか?

ここです。

いくらアクセスを集めても買ってくれなければ
そもそも意味がありません。

色んな教材やセミナー、塾等がありますが

・集客の方法
・商品ページの作り方
・リサーチ方法

など、個別で教えているところは
ありますが、全てが繋がって教えている人は
いないと思います。

大事なことは

お客様がどういう気持ちで商品ページを見て
どういう状態なら商品を買うのか?

これが出来ていないと高い成約率は出せません。

集客、つまりアクセスをしてもらう段階で
すでに勝負は始まっているのです。

お客様がどういう状態で商品を見るのか?

例えば、同じペンを買うにしても

・贈り物で買うのか?

・普段使いとして自分用に買うのか?

・自分へのご褒美として自分用に買うのか?

これだけでも商品ページの内容が
変わってきます。

贈り物を探している人が商品をクリックしたら
普段使いを推している商品ページだった。

となってしまったら、お客様は何か違うと
思って商品ページから去っていきます。

贈り物を探しているお客様からのアクセスが
あるのであれば、商品ページは贈り物用として
作り込むことで成約率は上がります。

商品ページへのアクセス ⇒ 商品ページの構成

が一致しているからお客様は違和感なく
購入をしていきます。

そこの一貫性がなければ、お客様は

「あれ?違うのかな?」

と思って他のページも参考にしようと思い
他の商品ページへと行ってしまいます。

大事なことは全てが一本の道で繋がっていること

Amazonの普通の検索結果ページや
スポンサープロダクトではこんな事は
出来ません。

分かりやすく言うと楽天などでやっている
特集ページからのアクセスみたいなものです。

「母の日の贈り物に」

という感じで紹介されていて、商品ページも
母の日にピッタリみたいな感じで作られていたら
母の日のプレゼントを検討している人にとっては
非常に買いやすくなります。

こんな感じで

広告からのアクセス ⇒ 商品ページの内容

に一貫性を持たせることは非常に大事ですし
このような最低限の戦略を作っておかないと
広告を使うのが非常にもったいないです。

だから、今回のセミナーでは広告だけではなく
販売戦略も一緒にお伝えしていきます。

ただ、せっかく作った商品も品質が悪ければ
長続きしません。

ビジネスをやるのであれば継続的に稼ぎ続ける
ということが非常に大事になります。

そういう意味も入れて、今回は商品を作る
ところから見直して、一貫性のある安定した
商品ページとアクセスを流し込む流れを
作りましょう、という内容です。

これ書いてて、あれ?ちょっと難しいと感じる方も
いるかな?と思ってしまいましたが
そんなに難しくないです。

話しを聞いてみて、そのまま実践して
いただければ凄い簡単ですし、
どういう風に作っていくのか?の
テンプレートも今回はお渡しします。

その通り実践していただくだけで
出来る方法になっているのでご安心ください。

また、今回の一連の流れはマーケティングの
要素も入っているので、マーケティングを覚えたいけど
どうやっていいのか分からない、学び方が分からない
という方にもスタート用の教材としては非常にいいかなと
思っています。

もっと成長して、もっと売り上げを伸ばしていく

とマジメにビジネスについて考えている方に
とってお役に立ちまくる内容になっておりますので
興味が出ましたら是非来てください^^

「ただの単純転売からの次の一歩」

として、1つの指標になると思います。

※セミナーの募集は終了しております。
 また次回開催予定がありましたらご案内します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です