キャスター付きのハンガーラックを注文したつもりが

Pocket

届いたハンガーラックのパーツが足りない

私は今年で35歳になる男性会社員。

元々ダイエットに関心があり運動好きでもあった私は、意識して身体を鍛えスタイルの維持に取り組んでいました。

せっかく良い体型を維持出来ているのだからと、ここ数年は特に衣服に気を使っていたものです。

オフの外出は特に楽しみで、ファッションに関して日々テーマを設け、それらを楽しんでいました。

そうなると、必然的に増えて来るのが衣服の数。

元々自室にあったクローゼットもやがてジャケットやコート等が占拠してしまい、新たにそれらを吊るすハンガーラックが欲しくなってきたもの。

それも今後に掛けて更に衣服の数が増えそうであり、キャパに余裕のある大型のハンガーラックが目標となったのです。

身の回りの必要なアイテムはここ数年全てネットショップ経由で揃えてきた私。

これまでにも殆どそれに関するトラブルも無く、今回も当たり前の様にネットショップを利用する事となりました。

検索を掛ければ実に簡単で、ハンガーラックを扱うネットショップは極めて豊富。

タイプも値段もまさにピンキリといった感じでしたが、しばらく検討した結果、シンプルなデザインではあるものの横幅が十分広く、余裕で15着以上吊るす事の出来るハンガーラックをとあるショップから取り寄せる事となりました。

パッと見支柱も大変太く頑丈そうで、これなら長年利用し続けても大きなトラブルは出ないだろうと高をくくっていたのですが、実際商品が到着してみれば、トラブルはいきなりその当日にやって来てしまったのです。

ショップが掲示している商品のイメージを見れば、その足元四隅に立派なキャスターが付いており、商品名や商品説明にもちゃんとキャスター付きと書かれていたもの。

ただ到着した商品の箱からパーツを全て取り出してみても、キャスター部分の影も形も無いのです。

一瞬、これはキャスター部分の欠品が原因ではないかと思ったのですが、更にパーツのチェックを進めてみると、床に設置する部分のパーツが明らかに違う事が分かりました。

というのも、足元がキャスター付きのタイプでは無く、明らかに据え置きタイプの形状をしていたのです。

もしやと思い領収書やメール上でのやり取りをチェックした結果、そこでようやく自分の失敗が判明したのでした。

ダブルチェックは欠かさずに

つまり、注文したハンガーラックには実はキャスター付きと据え置きの2つのタイプがあり、てっきりキャスター付きと勘違いし、据え置きタイプを注文してしまっていたのです。

これは明らかに商品の内容チェックや注文確定前のダブルチェックを怠っていた自分の責任であり、到底ショップ側を責める訳にはいきません。

無理矢理使おうとも考えたのですが、自室は頻繁に家具レイアウトを変える上、掃除の度に大きく家具を動かしますし、しかも床はフローリング。

元々その条件もあってキャスター付きのタイプを選択したつもりだっただけに、非常に後悔の大きな買い間違いとなってしまったのです。

確かに高価な買い間違いでしたが、嘆いたところで始まりません。

結局その据え置きタイプのハンガーラックは家具も扱うリサイクルショップに他の中古アイテムと共に買取に出し、気持ちをスッキリ入れ替える事に。

その直後、今度こそしっかりチェックを入れ、無事キャスター付きの大型ハンガーラックを自室に迎え入れる事が出来たのでした。

始めのうちはそのデザインやカラーリング、キャパばかりに惹かれてしまい、キャスターの有無もろくに確認せず、いとも簡単に購入ボタンを押してしまった自分が非常に馬鹿らしく感じられてきます。

基本同じモデルの家具でもこの様に、仕様の違いで細かくタイプが分かれている物があります。

中には同じ購入ページの中にこれらが併記されており、購入ボタンも隣り合っているケースもありますから、買い間違いの無い様最後まで油断せずチェックする必要がありそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です