今更ながら基礎教材から学んだこと

Pocket

ノウハウって知ってても意味ない

って先日勉強してて思いました。

分かっているけど出来ていなかったこと

ある人の中国輸入の教材を買ったので
先日それを見て勉強していたのですが
内容は全て知っていることでした。

「もっと突っ込んだ話しが聞きたかったな」

と思いましたが、自分の知識は十分
あるということも同時に実感していました。

が、

その中で話していたことで

知っているけど出来ていなかった

という事がありました。

知ってるし体勢整ったらいつかやろう、と
思っていたのですが、結局全然進んでなくて
おざなりになっている事でした。

それは非常に重要だと分かっているし
やれば売り上げももっと伸びると分かっている
ことでした。

でも出来ていなかった。

教材を見ながら出来ていない自分を知って
そこから急いで行動にとりかかっていました。

知識も体勢も整っているので動けばすぐに
出来ることなのですが「動けば」が
なかなか出来ていませんでした。

これは反省点だ、と思いつつ

「分かっている気になっている」

ということの怖さを改めて感じました。

今回学んだ教材は全て知っていることなので
普通に見ていたらつまらない内容です。

内容も基礎的なことばかりなので
お金を出して買っているので人によっては
ストレスが凄く溜まることだと思います。

ただ、

「知ってるから必要ない」

と切ってしまうのは非常にもったいなくて
基礎をコツコツやって、地盤を作り上げて
いるから凄いことをしなくても大きな結果は
出せるんだと改めて気づきます。

新しいノウハウほど価値がある?

この業界は次から次へとノウハウが生まれて
新しいことに目がいきがちですが、大事なことは
やっぱり基礎にあるなと感じました。

そして、

1つずつ丁寧に漏れなく行動すること

これが後になって大きな結果に結びつくこと

そういう事を再認識しました。

僕達は「知ってる」けど「出来ていないこと」が
たくさんある気がします。

特にそういうことほど地味で面倒なことが
多く、今すぐに結果が出るものではありませんが
こういうことが出来る人はしっかりと売り上げが
上がっている人です。

知識があればすぐに出来ることは多いので
「そういえばあれやるの忘れてた」という
ことがあれば「いつか」ではなく「今」
やるべきです。

そんなことを学ばせてくれた教材でした。

基礎を振り返ることも大事ですね。