タオバオ直行便とはどんな中国輸入代行会社なのか?

オススメの代行会社

オススメ代行ーイーウーマート

オススメ代行ー直行便

Pocket

中国輸入代行会社はたくさんあり、どの代行会社がどういう特徴があるのか?どう違うのか?よく分からないと思います。

今回は最近少しずつ色んな場所で聞くようになってきた「タオバオ直行便」についてお伝えしていきます。

タオバオ直行便とは

タオバオ直行便とはタオバオ比較は結構前から交流があるので、今までも多くのやり取りをしてきました。

その中で見えてきたタオバオ直行便の魅力やメリット、デメリットについて解説をしていきます。

タオバオ直行便は杭州に会社を構える代行会社です。

ただの輸入代行だけではなく、OEM制作のサポート、工場アテンドなど、中国を使ったビジネスをトータルでバックアップしてくれます。

他の代行会社では「このサービスは欲しいけど、このサービスもあったらな」と思うことがありますが、タオバオ直行便ではそういった不足感がなく、必要と思えるサービスは全て揃っています。

また、「こんなこともしてほしいな」と思うことがあれば提案をしてみるとやってもらえることもあります。(全てではありません)

充実したサービスだけでなく、顧客に対しても丁寧に真摯に向き合ってくれる代行会社です。

タオバオ直行便の特徴

タオバオ直行便の中で、どの部分が一番いいか?と聞かれると一番に思いつくのは「丁寧なサービス」です。

丁寧というのはあらゆる面において感じる部分です。

対応の丁寧さ

タオバオ直行便では基本的にやり取りはスカイプで行います。

スカイプなので対応は早く、質問をするとすぐに返ってきます。

また、注文や工場への問い合わせなどの依頼をしても、すぐに確認をしてくれます。報告も分かりやすい日本語で細かく伝えてくれますので非常に安心感があります。

気になることがあって何度質問をお願いしても丁寧に対応をしてくれますので、納得のいく注文や確認を行うことが出来ます。

商品の確認、発注で不安になることはありません。

検品の丁寧さ

日本で販売する際に一番重要になるのは「品質」と「商品状態のキレイさ」です。

品質を上げるのは作る際にいくらでも上げることが出来ますが、商品状態をキレイにするというのは中々難しいものです。

というのも、中国をはじめ、アメリカなど海外では荷物をキレイに運ぶという考えがありません。

これは中国の荷積みの映像ですが、アメリカなどもこのような状態です。

荷物を放り投げているのは中国などでは普通に行われています。ですので、中国からの荷物は黄色いテープでぐるぐる巻きにして配送されているんですね。

そうでもしないとダンボールに穴が空いてしまって中の荷物が外に飛び出してしまうからです。

多くの代行会社から送られてくる荷物はこのように酷い配送状態で荷物が送られてきますが、タオバオ直行便で契約している配送会社は非常に丁寧に送れています。

先日、タオバオ直行便のお客様に偶然お会いすることがあったのですが、その時に荷物の配送について聞いてみました。

聞いてビックリしましたが、その方は箱物商品をダンボールいっぱいに送ったのにもかかわらず、箱潰れになってしまった商品は300商品中、1商品だったそうです。

その他は小さな潰れもなく、キレイな状態で届いたとのことでした。

普通では考えられないほどの配送ですが、秘密はANAグループのOCS配送で特別契約をしているからというものでした。

ANAが配送しているならキレイな状態なのも納得出来ますね。

丁寧な配送でも特別契約なので料金は非常に安くなっています。

タオバオ直行便での検品のキレイさを分かりやすく伝える為に動画も作成していただいたので、こちらを見ていただければ非常に分かりやすいかと思います。

とても丁寧にされているのが分かると思います。

また、こちらはオプションになりますが、詳細検品ではここまでやるか?!というほど丁寧に検品をしてくれます。

まだまだ検品体制は強化を続けているみたいですので、お客様の要望に応じて新しい設備なども導入していくと言っていました。

ここまで詳細に検品してくれるのは非常に助かると思いますし、内容を公開してくれるので安心感があります。

タオバオ直行便では検品 の重要性を理解していると言っていたので、日本並みに厳しくしていると言っていました。

これなら安心して仕入れ、販売を行うことが出来ますね。

FBA直送だと箱潰れや検品内容が不安だという方もいると思いますが、タオバオ直行便のお客様に聞いたところFBA直送での納品不備はほとんど無いそうです。

タオバオ直行便のメリット、デメリット

今まで書いたように、タオバオ直行便は非常にいい代行会社です。

ただ、他の代行会社に比べてタオバオ直行便を使うメリットは?デメリットはどういうところがある?ということも気になると思います。

ここではタオバオ直行便を使う上でのメリット・デメリットについてお伝えしていきます。

タオバオ直行便を使うメリット

まずはメリットから先にお伝えしていきます。

一番のメリットは、やはり「検品や対応などの丁寧さ」です。

日本で販売する以上、細かい検品は必須ですし箱潰れなども防ぎたいものです。

箱潰れなどをしてしまうと、その商品はもう販売出来なくなるので丸々赤字です。

いくら料金が安くても箱潰れが多い、検品が甘いというような事が多ければ売れない商品がたくさん出てしまうので多くの赤字を出してしまいます。

不良品を出さず、お客様にも満足していただける商品を販売出来るので、利益の最大化を狙えます。

 

次のメリットは問い合わせなどの対応です。

上述した通り、対応も非常に丁寧ですぐに返事をしてくれます。

代行会社の不満でよく聞くのは「問い合わせをしても返事がない」というものです。

返事がなければ発注をしたくても出来ず、発注から商品の到着、販売までかなりの時間がかかります。

ここに時間がかかればかかるほど資金の回収が遅れたり、売上の機会を逃すことになります。

返事が遅いというは売上を上げることが出来ないと同じことです。

タオバオ直行便では返事はすぐに来て、工場や配送会社への問い合わせもすぐにしてくれます。

これにより、最短の時間で仕入れや確認が出来るので販売機会を逃すことがありません。

 

次のメリットは「提案もしてくれる」というところです。

その辺にあるような商品の仕入れをするだけでなく、商品の売上を最大化する為には商品をより良いものにする必要があります。

同じような商品を仕入れて販売するだけではどうしても価格競争になりますが、差別化や付加価値を付けることでオンリーワンの商品を作ることが出来ます。

ですが、商品の知識がなかったり、慣れていない商品だとどのような付加価値を付けていいのか分からないと思います。

そんな時はタオバオ直行便に相談をしてみると「このような事はどうでしょうか?」という提案もしてくれます。

例えば、この商品ならこの化粧箱がいいと思います。という事や、この商品に布袋を付けると高級感が出ますというようなものまで言ってくれます。

逆に「その付属品は不要だと思います」というような事までしっかりと伝えてくれます。

必要なものは仕入先なども提案してくれ、不要なものはしっかりと伝えてくれる、非常に頼れるパートナーです。

代行会社の仕事だけでなく、お客様の売上にもしっかりと向き合ってくれる、本気でお客様のことを考えてくれるからこそ出来るサービスだと思います。

タオバオ直行便を使うデメリット

じゃあデメリットはどんな部分があるのか?

いいところもありますが、もちろん良くないと思うところもあります。

個人的にはデメリットと言えるような点はほとんどありませんが、あえて上げるとしたらという視点で出してみました。

 

まず1つ目のデメリットは「スカイプのみしか対応していない」という点です。

人によってはチャットワークがいい、メールがいい、他のツールがいいという方もいると思います。

ですが、スカイプのみの対応になるので他のツールに慣れている方には少し面倒かもしれません。

 

2つ目のデメリットは「スタッフは全て中国人」というところです。

これはデメリットと言えるか分かりませんが、人によっては「日本人に対応してほしい」と思う方もいると思います。

中国人だからと言って特に困ったり不都合があるわけではありませんが、気になる人にとってはデメリットになるかなと思います。

代表の方やスタッフの方とお会いしたり、やり取りを何度もしていますが、困ったことは一度も起きていません。

たまに普段使わないような日本語が来る時がありますが、意味は伝わるので気になりませんでした。

 

3つ目のデメリットは「有料会員制」というところです。

タオバオ直行便では無料会員というのは募集しておらず、利用したい場合は29,800円の有料会員になる必要があります。

無料期間などもないので、少し敷居が高いところもありますが、タオバオ直行便としてはサービスの質を低下させない為とのことみたいです。

これは僕も非常に納得しているのですが、無料会員になる人は初心者が多く、手間の割には発注量が少ないことが多い傾向にあります。

発注はしない(少ない)、でも手間は非常にかかる、そのような状態ではビジネスとして成り立ちません。

タオバオ直行便では質の高いサービスを提供する為に、多く発注をしてくれるお客様をメインの顧客層としています。

これを聞くと「差別だ!」「お金が全てか!」と批判したくなる人もいるかもしれませんが、「早い対応」「細かなサービス」を実現させる為にはスタッフ1人辺りの担当者数を最小限にする必要があります。

そうすると人件費が多くなってしまうので月会費をとらなければ対応出来なくなります。

タオバオ直行便では1スタッフが対応するのは顧客数は3人までと決まっています。だからこそ、素早い対応、細かな気遣いが出来ます。

月会費が無料の代行会社では人件費を削減する為に1スタッフで50人以上の顧客数を対応しているというのも珍しくありません。

その状態では返事が遅れたり、細かいサービスを提供するのは不可能と言えます。

検品だけでなく、お客様へのサービスも丁寧に行いたいという理由で月会費が発生しているそうです。

だからこそ、満足のいくサービスを受けられますし、不良品の少ない納品が可能です。

 

タオバオ直行便を使っているお客様からは、月会費は発生したが合計の支出は減ったという方も多くいます。

その理由は「送料や検品などの安さ」というのもありますが、一番は不良品が大幅に減ったからです。

販売出来ない不良品が出れば出るほど売上は減ってしまいますし、無駄なコストや管理費も発生します。

そのような無駄を最小限にした事で月会費以上のお金が浮いたとのことです。

 

他にも、不良品が減ったのでお客様からのクレームなどが大幅に減り、顧客対応のコストも下がったそうです。

特にクレームが多いと販売モールからのペナルティを受けることもありますので、長期的に安心して販売することが可能です。

 

タオバオ直行便まとめ

いかがだったでしょうか?

タオバオ直行便は使う人によっては非常に心強いビジネスパートナーとなります。

 

特に最近は杭州のアリババビルに入ったり、スタッフの数が増えていったりと、順調に規模を大きくしています。

顧客からの紹介で会員数が大きく増えていると聞いていますが、会社の規模や変遷を見ると多くの顧客から愛されているのが非常によく分かります。

知名度はまだまだこれからかもしれませんが、知る人ぞ知るという代行会社です。

 

そんなタオバオ直行便の紹介ビデオも作られたみたいなので、最後に紹介しておきます。

サービスの品質だけでなく、会社一丸となってお客様の為に頑張っているというのが伝わってきて非常にいい会社だと思います。

タオバオ直行便については、こちらでも記事を記載していますので、参考にしてみてください。

タオバオ直行便について

 

タオバオ比較特別プランもご用意しております。ご入会のタイミングによって特典などが変わりますので、まずはお気軽に以下のフォームからご連絡ください。

タオバオ直行便特別プラン

 

タオバオ直行便のホームページはこちらになります。

タオバオ直行便