タオバオ比較.com

よく読まれている記事

まだデータがありません。

商品説明にそんな記述は一切なかった

Pocket

届いたDVDは中身は同じでも・・・

私(32歳 男 会社員)はよくネットショッピングで買い物をしています。

そうですねえ、頻度としましては最低でも1週間に1度は
何かしらの品物を買っているような状況です。

ちなみに何を買っているかと言いますと、
例えばCD、DVD、ゲーム、マンガ、時計、パソコン周辺機器・・、
こういった類の物が多いですねえ。

今挙げたような品物は、実店舗で購入するよりも金銭的に
お得な事が多いですし、何より自宅に居ながらにして
購入できるのでものすごく楽なんですよね。

その一方でネットショッピングには少なからずデメリットが内包しています。

「代金を支払ったのに商品が届かない」、
「違う商品が届いた」、
「商品状態が著しく悪い」・・、

こういった事はネットショッピングにはつきものだと言っても過言ではありません。

事実、私もネットショッピングを利用する中で、
何度かトラブルに遭遇したことがあります。

つい先日も、中古の洋画DVDを購入したのですが・・。

商品が届いてみてビックリ、レンタル用のDVDだったのです!

皆さんご存知だとは思いますが、洋画などのDVDには、
実はレンタル用のDVDと販売用のDVDの2種類がありまして、
前者はレンタルショップで、後者は販売店で取り扱われている
DVDであります。

ちなみに、レンタル用のDVDと販売用のDVDの違いはと言いますと・・。

正直言って、両者の間にはさほど大きな違いはありません。

単純に作品を楽しむだけならば、レンタル用のDVDでも全く問題ないでしょう。

しかしながら、私が、今回このDVDを選んだ一番の理由というのがですね、
いわゆる特典映像だったのです。

これはレンタル用のDVDには収録されておらず、
いわば販売用DVDを購入した者のみに与えられた特権なのです。

それなのに・・。

初めからレンタル用のDVDと分かっていたら買っていなかったでしょうね。

ネットショッピングは便利な反面、不安も多くあります

一応、注文履歴を確認し、商品説明欄にその旨が記載されているか
どうかを確認してみました。

が、そんな記述はどこにも見当たりません。

これは完全に出品者側のミスだという事になります。

なので、返金を求めれば間違いなく受け入れられることでしょう。

だけどねえ、なんだかそうするのがものすごく面倒なんです。

というのも今回購入した商品の金額というのがですね、実は700円(送料込み)。

たった700円のために諸々の返金手続きを取るのはちょっと怠いです。

出品者とコンタクトを取り、品物を送り返し、振込先を相手に伝え・・、
とまあ、実際に返金がなされるまでにはいろいろとクリアしなければ
ならないことがあるのです。

あとはそうですねえ、相手方にこちらの住所、更には名前を知られているのも、
返金処理を億劫にさせている要因の一つです。

つまり、妙な嫌がらせを受けないだろうかと、ちょっと心配になるんですよね。

ネットショッピングは、相手と顔を合わせずに、
購入できるというのがメリットの一つだと思いますが、
返金の際にはそれが(時には)デメリットになる可能性を秘めています。

ま、今回の場合、商品説明を怠った相手方に非があるので、
嫌がらせに発展することなど無いとは思うのですが・・。

結局色々考えた結果、返金を求めるのは諦めました。

考えれば考えるほど、ネガティブな心理が湧き起ってきて、
行動に移すのが怠くなってきたからです。

とまあ、このようにネットショッピングにはトラブルはつきものであります。

とりわけ、今回の私のように中古の商品を購入する際には、
その確率は格段にアップします。

なので、商品説明欄にはしっかりと目を通し、何か気になる点が
あれば出品者とコンタクトを取って、事前に疑問点を解消しておきましょう。

現状、そうするしかトラブルを防ぐ方法は無いんじゃないかな。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*