仕組み化をする上で1番重要なスキル

Pocket

東京でのセミナーが終了しました。

今回はかなり内容を詰め込んだので
帰宅したらパタッとベッドに倒れて
ました。

自分の強みを分析していく

セミナー時間も長かったですが
内容もかなり濃いものにしたので
全てを出し切ったという感じです。

セミナー終了後、参加者の方から

「分かりやすくてよかった」

「すぐに広告を使いました」

というお声をいただけました。

特に今回は広告を使ううえで必要な
考え方やマーケティングの部分も
お伝えしているので非常に濃い内容でした。

かなり稼いでいる方も今回来ていましたが
嬉しいお言葉をテンション高めで言って
いただけました。

マーケティングの部分も含めて
ここまで分かりやすく話している人はいない

と言われていました。

非常に照れるのですが、僕のメルマガも
分かりやすいと言っていただけてその理由を
色々考えてみました。

僕は物事を分かりやすく砕いていくのが
得意で、どんな物事もステップに分けて
その通り実行していただくだけで再現出来る
というようにできます。

他の人が言葉にするのが出来ない部分を
僕は言語化出来るんですね。

実はコレって外注や仕組み化をする上で
非常に重要なスキルだったりします。

外注や仕組み化をする時って人に自分が
やっている事を代わりにやってもらう必要が
ありますよね。

で、その時に普段自分がやっていることを
伝えるのって思っている以上に難しいと思います。

だって無意識にやっていることを言葉に
するわけですから。

リサーチをする時はどこを見てどう判断して
その後は○○をして、その次は○○して・・・

と伝えていくことになりますが
これって無意識になっていると勘になっていたり
慣れとかで判断していると思います。

無意識や慣れを言語化する

これが本当に難しくて、これが出来ないから
仕組み化が出来ないという人も多いです。

ただ、これは僕だから出来るというよりは
人に教える機会が多いから出来てきた
ということが非常に多いです。

ですので、もし言語化出来ずに仕組み化が
中々難しいという場合は誰でもいいので
流れを教えてみてください。

出来れば本音を言ってくれる身近な人がいいです。

それを繰り返していけば無意識の言語化か
出来るようになってくるので、仕組み化も
凄くやりやすくなります。

人に教えると自分がやっている事の
再復習にもなるので意外な漏れが見つかって
より精度の高いノウハウが出来上がったりします。

外注さんにうまく伝えれないという方は
ぜひ「教える練習」というのを何度か
やってみてください。

意外と面白い発見がありますよ。