最短で稼ぐ人と稼げない人の違い

Pocket

日本に帰ってきました。

今回の旅では面白いスキームを組めそうで
非常に面白い情報を得ることが出来ました。

「稼ぐ」というよりも人生を充実させる為に
必要なことやヒントを得ることが出来ました。

お金を稼いだ次のこと

もちろん稼ぐことは出来るのですが
稼ぎながら人生も豊かにしていく、という
スキームが構築出来そうです。

最近僕はこの「人生を豊かにする」という
ことにフォーカスするようになりました。

お金はもちろん大事。

これがないと生活は出来ないですからね。

ただ、「稼いだ先に何があるのか?」を
考えないとどこかで稼ぎの限界が来て
しまうなと思います。

不思議なもので人は必要以上のお金は
稼げないようになっています。

「100万円欲しい!」

と思っていても、その使い方や欲望の量などの
「欲しい!」というエネルギーに比例した
金額しか稼げないようになっています。

どうしてそうなるのかと言うと多分ですが
行動のエネルギーや情熱の度合いになって
現れるからだと思います。

稼げない人の特徴を見ていると共通して
いるのは「行動量」「情熱」が足りない
気がします。

あとはスピードも足りませんね。

「早くこれを実現させたい!」

と思えば思うほどやる気が出ていき
行動量も増えるので、結果稼げると
いうようになります。

これは他のことで例えると非常に
分かりやすいと思います。

例えば、夏休みの終わりに宿題を一気に
終わらせる人は多いものです。

なぜ2ヶ月弱ほどやる時間があって
それほどの時間をかけても出来ないのに
最後の一週間で全部一気に終らせることが
出来るのか?

理由は簡単でエネルギーがあるからです。

「ヤバイ!早く終わらせないと!」

と必死になって本気になるので
行動量も情熱もスピードも段違いに
上がっていきますよね。

そうなる前はのんびりと「そのうちやろう」と
思ってダラダラしている状態です。

なぜこの違いが出るのか?と言うと
そこに「やる理由」があるからです。

「宿題を終わらせないと怒られる」

という理由があるから頑張ります。

じゃあ中国輸入で言うとどうでしょうか?

「そのうち稼げればいいや」

と考えている人と

「3ヶ月以内に100万を稼ぐ!」

と考えている人がいます。

どっちが早く稼げますか?

確実に後者だと思います。

ただ、後者の人でも稼いだ後は
次のゴールがなくなってしまうので
その後はダラダラしてしまいます。

100万円がゴールになっているからです。

ゴール設定が結果に繋がる

初めの方に言っていた「人生を豊かにする」
というのをゴールにしていれば100万円は
1つのゴールですが、通過点でもあります。

ゴールなのでエネルギーが湧きますが
そこが到達点ではないので次に向かって
ダラダラすることがなくなります。

100万円というゴールを達成したら
次のゴールに向けて全力で進むだけです。

こうするだけでスピードは一気に上がりますし
変にダラダラすることもありません。

売り上げが上がらないなーとか
何の為に頑張ってるんだろうとか
やる気が出ないな

と思っている方はその先の未来について
一度考えてみたり、体験をしてみると
いいです。

僕も今回見て、体験して、イメージが出来たので
そこに向かって全力で頑張ろうと思いました。

あとはその為に必要なことについて頑張るだけですね。

今回、情報の必要性について書こうとして
いたのですが、書くスペースがなくなって
しまったのでまた次回書くようにします。

必要な情報は僕達はすでに持っているのに
それをなぜ活用出来ていないのか?

という点についてお話ししていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です