仕入れってどこまで意識していますか?

Pocket

販売について勉強する人は多いですが
「仕入れ」を意識している人はあまり
多くないような気がします。

販売も大事ですが、仕入れもそれと
同じくらい大事です。

仕入れをする際に重要なポイント

今日は仕入れについてお話しをします。

あなたが商品を仕入れる際に何を考えて
仕入れを行っているでしょうか?

・価格は安いのか

・品質はいいのか

・画像通りの商品が届くのか

・信頼出来るお店(工場)なのか

他にも色々考えると思いますが
大体はこれらの事が多いと思います。

これらも間違いではありませんが
大事な部分が抜けています。

それは

・その仕入れ先と長く関係が作れるのか

というポイントです。

ただ、単純に商品を右から左、
つまり単純転売をするだけなら
関係作りなんて気にしなくていいです。

そのお店に置いてある在庫商品を買い付けて
販売するだけでいいですから。

ですが、「ビジネス」をするのであれば
もう一歩奥のことを考える必要があります。

売り上げを安定させる為に考えないといけないポイント

ビジネスは相乗りができなくなった、
Amazonアカウントが止まった、
今月、来月で終わろう、ではないですよね。

来年も売り上げを上げないといけないですし
5年後、10年後も続けていけるように
していかなければいけません。

その為に何が大事になるのかと言うと
商品を作ってくれるパートナーが必要に
なってきます。

つまり「長期的に安定した付き合いが出来る人」が
必要になるというわけです。

だから僕は仕入れる商品も重要視しますが
それが「どこから、誰から買うのか」も
重要視します。

もちろん最初からいちいち見ていたら
時間が足りないのである程度取引をして
その会社の対応や品質なども見るように
しています。

また、その会社の規模も見るようにして
いるので小さい会社やすぐに潰れそうな
会社は避けています。

その会社の倒産 = 自分の会社の倒産

とならないようにも気をつけています。

これが出来ていないと継続して安定した
仕入れは出来ませんし、長くビジネスを
続けることも出来ません。

また、これは代行会社も同じことが言えます。

その代行会社はどのくらいの規模で
ビジネスを展開しているのか?

商品の発送は自社か?他社か?

どういった人脈や仕入れルートを持っているのか?

なども考慮しています。

万が一工場が倒産したとしても人脈を持っている
代行会社であれば、それと同等の工場を紹介して
もらうことは可能です。

そうすることで、工場が倒産しても次があるので
安定した仕入れが出来ますし、その代行会社が
潰れなければ自分のビジネスを安定させることが
出来ます。

代行会社の見分け方などは話すと長くなって
しまうので、また今度お話ししようと思います。

工場と繋がることでのメリットは計り知れない

今回のように仕入れについて考えることは
ビジネスを安定させることに繋がります。

もし今までこの視点が入っていない場合は
ぜひ取り入れてみてください。

ちなみに僕の場合は工場との関係作りを
重視しているので、かなりいい条件で
商品の製造をしていただいています。

自分専用レーンも作ってもらったので
発注をしたら他の会社の注文を差し置いて
僕の商品を作ってもらえる状態ですし、

不良品が出た場合は全て無料で新品と
交換してもらえます。

更に商品単価も特別単価をいただいているので
他社よりもかなり安く仕入れが出来ています。

袋詰や検品ももちろん無料ですし
セット販売の場合はカスタマイズして
梱包してもらうことも無料でやってくれています。

日本語が話せる担当者も専属でつけて
くれましたので要望が非常に通りやすくなりました。

これらは全て僕が工場側との関係作りを特に
意識して行っているから、ここまでの好条件を
出してくれるわけです。

一部上場企業で工場をいくつも持っている
製造会社なので長期的にも安定した仕入れが
可能になっています。

購入の際に価格交渉をするとか、
安い仕入先を探すよりも、かなり安く
仕入れが出来ています。

長期的にビジネスも安定してくるので
仕入先との関係作りはぜひしてください。

ビジネス面としてのメリットもこうして
ありますが、それ以外の部分でも楽しいことは
いくつか体験出来ます。

400人以上が参加する食事会に招待して
いただいたり、

中国でもトップクラスに高い高級店の
カラオケ(クラブ)に連れていって
もらえたり(笑)

ここは日本語が話せる女の子が
いなかったので僕はずっと相手会社の
社長と話していました^^;

現役モデルや芸能人ばかりが在籍して
いるので通訳を通じて色んな話しが
聞けて楽しかったです。

他にもここでは言えないような凄い
情報を教えていただいたり、人脈の紹介とか
そういうのもあります。

ビジネスは上にいけばいくほど有利になるもの
ですが、その為には特定の相手との強い関係性
が必須です。

価格でも品質でも情報でも、全てに
有利になる為に仕入先との関係性作りを
していくことをオススメします。

この少しの意識の変化が来年のビジネスを
大きく変化させているはずです。