写真だけでは分からなかった質感

Pocket

お試しで買ったワンピース

私は61歳男性、定年後に事務職の短時間再雇用として働いています。

私はこれまでインターネットでの買い物、特にオークションでの買い物の経験はありませんでしたが、最近乗り換えたスマホにオークションサイトのプレミアム会員が付いていたので、家内とともにそのオークションサイトのお試しのつもりで初めてオークションサイトでの買い物をしました。

購入したものは家内のワンピースです。

最初はオークションのお試しのつもりだったのですが、実際に購入した場所はオークションのコーナーでなくフリーマーケットのコーナーでした。

ですから表示金額通りで購入出来ました。購入金額については納得していたので後悔はありませんでした。

何種類もの中から妻が選んだのはワインカラーのレース柄のワンピースで、写真のモデルさんは軽やかに着こなしていました。

ところが送られて来た商品を実際着てみると、色、柄や織りは写真通り良かったのですが、生地が分厚く非常に重いとのことで、妻曰く「これはカーテンだね」との事でした。

試着をしたきりチェストに直行となりました。

見た目は非常に上品な感じで写真のように立派なのですが着れないのでは仕方ありません。

完全に失敗でしたが、最初からお試しだから失敗しても仕方ないと、悔しい気持ちを何とか理由を付けて忘れる様にしました。

お試しという事で失敗は想定内としていましたが、やっぱり現実に失敗が目の前にくると多少の怒りも感じました。

そしてネットで衣類を購入するのはダメだと言う話になりました。

失敗はしたものの、その責任は全て自分たちにあるので出品者に文句を言える訳でもなく、同じ失敗を繰り返さないためどうすればいいか妻と話し会いました。

ネットでの衣類購入は同じ商品を何処で実際に見ているとか、何か他にもその商品の情報が必要です。

ネットショッピングでの良い面と悪い面

しかし現実問題同じ商品をお店で見ることはまず不可能だと思います。

衣類など身に付ける商品はネットに表示される情報だけで購入するかどうかの判断をするのは非常に難しいと思いますが、電化製品など完全に製品コードで管理されている商品ならあまり問題は無いと思います。

実際に店頭で商品の確認も大体できるでしょうし、後は価格や保証などのサービスの比較もネットの方が便利なくらいです。

衣類や身に付けるアクセサリーなど写真や説明文だけでは分からない部分が多いので、失敗覚悟でもどうしても気になるもの以外購入は控えたほうが良さそうです。

ネット購入で失敗するのはやはり自身の思い込みからくる「良いように期待する、ウィシュフルスィンキング」が根本にあるのだと思います。

直接見て手に取った訳でも無いのに「とっても良いもの」に思い込み期待してしまう、そういう所から失敗は始まっているのではないかと思います。

ネットでの購入には良い面も悪い面も多種多様に存在しています。

簡単にスマホやタブレットで指先一つで外に出て行かなくても買える便利さが買い物をする時の基本的感性を鈍くして、安易に失敗に堕ちってしまうと思います。

ネット社会の便利さと危うさがそのままネットでの購入にも現れています。

しかし消耗品などの毎日でも必要な物の購入にはネット通販は非常に便利です。

近くにスーパー、コンビニが無かったり、高齢や子育てで外出困難や時間がないなど、こうした環境の場合はネットでの購入、配達は大きな助けになります。

私もいつか運転免許返納となったらネットでの日常品購入を始めると思います。

このようにネット購入が格段に優れている面も既にあります。

今問題となっている部分もこれからどんどん改善されていくでしょう。

ネットはあくまで道具ですから使い方次第です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です