タオバオ比較.com

よく読まれている記事

まだデータがありません。

ネットショップで見つけた魅力的な商品。同じ商品がお得な金額でご近所に…!

Pocket

ネットショッピングで買った後に見てしまったもの

10数年前、私が40代の頃のネットショップ失敗談です。

ショップは内外のアンティークや古道具を扱うところで、
購入したものは、大きなシェードがついたアンティークのランプでした。

置きたいと思っていた居間のコーナーにぴったりの幅と高さ、大きさ、
優雅なフォルムに、ほとんど一目ぼれでした。

現物を見ないで買うなんて…。

それまでの私はネットショップには懐疑的でした。

もし、サイズや色が、自分が思っていたものと違ったらどんなにがっかりするだろう。

第一、ネットショップは、返品や返金に応じてくれないかもしれない。

そんな面倒な交渉をする手間ヒマがあるなら、職場が表参道だし、
素敵な商品を扱うショップはたくさんある。

そんな路面店に足を運んでしっかりと商品を見るべき、というのが持論でした。

したがって、家具や雑貨をネットショップで購入したことはなく、
今回は初めてのネットショップ利用でした。

ランプは、イタリアのアンティークということでしたが、
お値段は30000円とそれほど高価でなかった点も私の購入意欲を
後押ししてくれ、躊躇することなく、ポチ、と購入ボタンを押したのです。

クレジットカードを使いたくなかったので、ショップの指定する
銀行口座に振り込むことにしました。

送料はゆうパックで8000円でしたが、これはサイズが大きいゆえ、
仕方ないと思いました。

あわせて38000円の支払いです。

指定された銀行は職場から歩いて5分とかからない場所で、
仕事のお昼休みにじゅうぶん手続きが可能です。

今日、振り込めば、週末の来客に自慢できるな、早く届かないかな、
うれしーな♪といそいそした気持ちで振込をすませました。

その後、ランチをしようと向かった途中で見たものは…。

銀行のすぐ背後になにげなく見たショーウインドーに、
シェードこそ少し違いますが、ほぼ同じメ―カーが製作したと思しき、
ランプがディスプレーされているではないですか。

しかも、お値段は20000円以内。

えー!?じゃあ、私の買ったランプとどう違うの~!

ネットショップで買う前にいつものお店で確認を

そこは、前出のネットショップと似たテイストの古道具や
アンティーク、ジャンク品を扱うユニークなショップで、
時折、その店でフラワーベースや小物を購入していたお気に入りの店でした。

ランチもそこそこに、そのショップに入り、ランプを前に、
顔見知りになっていたスタッフに、ランプの内容を確かめました。

彼によると、イタリアの工房によるアンティークには間違いないが、
量産され、そのショップでも、これまで何度となく、20000円以内で
販売されてきたとのこと。

ショックだったことは言うまでもありません。

やっと探し出したと思った品物は、20000円で購入でき、
自分の車を使えばなんとか持ち帰れる。それを、私は、
38000円で買ってしまったのか。。。

すでに、代金も送料も振り込んでしまっています。

なんとかキャンセルして、職場近くのショップで購入できないだろうか。

その日は、金額の矛盾や送料のことが頭を駆け巡り、
仕事をしながらもどうしたらよいか考え続けていたことをおぼえています。

思い悩んでしても仕方ないので、何よりも、まずは、
ネットショプにアピールしてみようと思い、よいことではありませんが、
職場のパソコンからネットショップ、商品のキャンセルをしたい旨の連絡を入れました。

意外にも、ショップからの回答は、振込手数料をマイナスした金額を
返金するというものでした。

メールには、入金を確認しており、あと数10分遅かったら、
発送をすませていただろうということも書かれていました。

わー、申し訳ない…良心的なネットショップでよかった。

もとよりおバカなのは私でしたが…。

思っていたものと違った、同じ品物が近くでずっと安価に販売されていた、
などなど、ネットショップにつきまとい続ける問題ではないでしょうか。

私の例はたまたまワガママが通った例ですが、キャンセル料が発生するなど、
そうはいかないことも多いのでは。

ネットショプを使う際は、一種の“覚悟”も必要なのだな、と思ったものでした。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*