OEM初心者でも作りやすい商品の紹介

Pocket

今回はイーウーマートに初心者が扱うべきOEM商品について話していただきました。

OEMは経験がない、あまり作ったことがない、という方はどんな商品を作っていいのか分からないと思います。

商品によって「初心者向き」「中級者以上向き」というのは存在します。

初心者向きというのは初期コストの安さや、販売のしやすさ、OEMの作りやすさなどがあります。

要は気軽に始めやすい商品ということです。

中級者向きというのは、初期コストが高くなったり、OEMを作る際に少し知識が必要になる等があります。

取り扱うには少し敷居が高い商品です。

じゃあ具体的にはどのような商品が初心者向きなのか?

どういうOEMをした方がいいのか?

それらを具体的に話していただきました。

 

今回のインタビューの内容は以下となります。

 

初心者はこのカテゴリ商品を扱った方がいい理由

イーウーマートは初心者にはあるカテゴリ商品を扱うことを勧めています。

その理由と、具体的にその中でどのような商品がオススメなのかを紹介します。

そのカテゴリの中でも更にこれがいいというオススメ商品も公開します。

 

商品制定にセンスは必要なのか?

OEMをすると商品選定やOEM内容のデザインを必要とすることがあります。

ロゴ1つとってもデザインになるので、センスがないと売れないと思ってしまうかもしれません。

ですが、あるポイントさえ知っておけば全くセンスがなくても売れる商品を作ることは可能です。

センス0でも売れ筋商品を作るコツについてお話しします。

 

Amazon以外の販路の販売はどうなのか?

リスクを回避しようとAmazon以外での販売をつい考えてしまうこともあると思います。

ネットを見ても「Amazon依存は辞めよう」と言っている人がいますが、果たしてAmazon一択ではなく、楽天やヤフーショッピングなどでも販売した方がいいのか?

人によって回答は変わるかもしれませんが、この指針を持っていれば最適解を見つけることが出来ます。

売上や利益を最大化させる為にはこの考え方が必須です。

 

OEM商品を作る時に絶対に守るべきポイントとカテゴリ

どのような商品を作るか、と考えた時に多くの人は流行や身近なもので考えます。

身近なものでも、うまくいく商品もあれば、失敗しやすい商品というのも存在します。

「商品選択の基準」というものを把握することで失敗しない商品選定が出来るようになります。

これを理解した上で商品選定をすることで、短期間で売れなくなる商品を扱うのか、それとも長期的に売れる商品を扱えるかが決まってきます。

 

時代の変化が起きても売れ続ける商品の選び方

時代が変われば売れる商品というのは変わってきます。

10年程前はガラケー向けの商品がよく売れましたが、今ではスマホ系の商品しか売れません。

時代の流れで当時売れている商品でも、今はまったく売れなくなってしまう商品というのはたくさん存在します。

そんな時代の変化の影響を受けず、長い間売れ続ける商品の見つけ方について事例をもとにお伝えします。

 

それでは、インタビュー動画をご覧ください。(音量が少し大きいのご注意ください)

 

イーウーマートのホームページはこちらになります。

 

また、タオバオ比較独自の特典をイーウーマートさんに用意していただいているので、利用する際はこちらをご活用ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です