OEM商品の成功事例のヒントを紹介します

Pocket

OEMセミナーを終えて、内容を踏まえた上で
色々とOEM候補商品を見ております。

セミナーの中で講師が話していた基準を元に
リサーチをすると次から次へと見つかるので
面白くなってきました。

どの商品も月利20万から30万は
余裕で狙えるものばかりです。

しかし、あれも作りたい、これも作りたい、
となってしまってページ作りをする事を考えると
怖いのでその中から絞る作業をしています。

しかし、セミナー参加者方からは

「基準に合う商品なんてあるんですか?」

というお声もいただいております。

この声はよく聞くのでここで回答をすると

「たっくさんあります」

中国商品って無数にあって、儲かる商品も
無数にあるんですよ。

よく、「どのジャンルが稼げますか?」
と聞かれます。

「どのジャンルでも稼げます」

もちろん厳しいジャンルはありますが
その辺りは講師が話していた簡単なジャンルを
目安に探してほしいなと思います。

参考までに、僕が上手だなーと思ったジャンルが
あるのですが、それは「釣具」ジャンルです。

かなりニッチというか、マイナーなジャンル
だと思いますが、ここでガッツリ稼いでいる方が
います。

中国輸入を少し経験されている方であれば
釣具の中で、どのような商品がいいのかは
すぐに分かると思います。

その方は商品OEMはしてなくて
パッケージを作るだけなのですが
日々進化しています。

最初は酷いパッケージだったのですが
儲かってきたせいか、気がついたら
パッケージが豪華になっていました(笑)

このように、最初から完璧にやらなくても
売れるようになってきてから改良するのも
ありですね。

このように、情報発信者やスクール等では
紹介しないようなジャンルでも
いいOEM商品候補はありますし、稼ぐ事は
出来ます。

ぜひ色々探してみてくださいねー

セミナーに参加された方、映像をご覧に
なった方は商品基準の話しをしっかり
聞いていただき、落としこんでください。

いい商品はたくさんありますが、早い者勝ち
なので早めに商品を作ってそのジャンルを
独占していきましょうね^^

あの内容で1万円はやっぱり安すぎたと
改めて痛感する次第です。

ロゴ入れだけとか、簡易OEMもいいですが
やっぱり長期的に稼げる方がいいですね。