中国商品のOEMの制作事例をご紹介します

Pocket

今回はイーウーマートさんにOEMの制作事例についてお話しをしていただきました。

多くの方に相談されるのが「他の人はどういったOEM商品を作っているのか?」というものです。

他の人が何を作っているのか気になりますよね。

どんな商品を作っていて、どんなOEMをしているのか。

普通は知ることが出来ない内容ですが、今回特別にイーウーマートさんにお話しをしていただく機会が出来ました。

イーウーマートさんが得意とするOEMの内容から、こんな商品をOEMするのがオススメというところまで全てお話しをしていただきました。

特に、具体的に「この商品が初心者にはオススメ」というところまで話していただきました。

また、こういう部分は検品した方がいい等も話しをしていただけました。

今回のインタビューの内容は以下となります。

 

初心者に最適なOEM商品とは?

OEM商品と言っても作れる商品は星の数ほどあります。

その中から初心者が選ぶべきOEM商品のジャンルとは?

失敗しづらくコストもかからない商品を紹介します。

 

イーウーマートが得意なOEM商品とは?

この商品であればイーウーマートに依頼すべきという商品が存在します。

全ての商品が得意というのは不可能です。

イーウーマートは平均的なレベルを目指すのではなく、この商品であれば自信を持ってOEMをするという商品が存在します。

もしあなたが作ろうと思っている商品がイーウーマートが得意とする商品であれば、作る際にどういう所を気をつけるべきかを解説してくれます。

 

OEMする際に改良するポイントはココ!

お客様からクレームが多いポイントは大体決まっています。

このポイントさえ事前に知っておくことで、あなたがこれから作るOEM商品で失敗を防ぐことが出来ます。

これを知っているだけで、お客様からのクレームを大きく防ぐことができ、いいレビューを増やすことが出来ます。

 

商品の原価を下げる方法

イーウーマートが得意とするジャンルで、商品の原価を下げるポイントを解説。

品質を大きく下げず、原価を下げて利益率を上げるコツを暴露していただきました。

 

OEMを作るメリットはロゴを入れるだけ?

OEMを作ると聞くと、ロゴを入れたり、独占販売をする為と思われがちです。

ですが、OEMの真のメリットはそこだけではありません。

他にもメリットがありますし、OEMをしないと仕入れた商品を全て廃棄しないといけない状態になるような事も起きてしまいます。

在庫商品を仕入れる時のデメリットも解説します。

 

検品項目はどういう部分を確認すべきか

検品項目はOEMを販売していくうえで非常に重要なのですが、最初はどこを確認すべきかというのは分からないと思います。

特に初めてOEMをするという方の場合は、詳細検品などはあまりしたことがないと思いますので、どこまで検品をすべきかも想像つかないものです。

どこまで検品をしてもらうべきか、具体的に事例を元に解説します。

 

○○な商品ほど失敗しやすい

OEMで失敗しやすい商品というのが存在します。

商品のジャンルではなく、ある条件の商品は制作上の都合で失敗しやすいものがあります。

これさえ知っておけば失敗する商品を作ることが無くなりますので、安心してOEM商品を制作することが可能になります。

 

それでは、インタビュー動画をご覧ください。(音量が少し大きいのご注意ください)

 

イーウーマートのホームページはこちらになります。

 

また、タオバオ比較独自の特典をイーウーマートさんに用意していただいているので、利用する際はこちらをご活用ください。