OEMや新規出品で失敗している人のパターン

Pocket

OEMや新規出品で失敗する人の
パターンが分かってきました。

失敗する人はことごとくこれを
やっているなーって感じます。

そのパターンというのは

「少量発注」

です。

なぜ失敗してしまうのか?

例えば、ある商品を新規出品しようと
考えて発注していきます。

リサーチした結果「この商品いいな」と
思ってとりあえずテスト出品しようと
考えて数個仕入れます。

・・・

と、このパターンの人は大体失敗しています。

何故か?と言うと、最初の仕入れから
考え方が失敗するパターンに陥っている
からです。

こういう仕入れをする人は大体

「失敗した事を考えてリスクなく
 少量発注にしよう」

と考えてしまいます。

つまり、最初から「失敗すること」を
考えて発注するんですね。

もちろんリスクヘッジは大事ですし
必要なことですが、リスクばかりに
気を取られすぎていると思考が変な
方向に向かっていってしまいます。

思考はマインドとも言われるので
好きな人はあまりいないかもしれません。

ですが、僕達の行動は思考に左右される
ことが非常に多くなります。

失敗する為の思考と行動パターン

例えば、

「この商品でお客様を笑顔にしたい」と
本気で思って商品を販売していくとします。

その場合、お客様の笑顔をイメージしながら
準備を進めていくのでどんな嫌なことも
諦めずに頑張れます。

面倒だな、と思うことでお客様の笑顔が
あるなら頑張れる!と思って踏ん張れるように
なります。

逆に、「とりあえずこの商品を扱ってみよう」と
思ってリスク回避を考えながら商品を扱うとします。

儲かりそうだから、とりあえず5つの商品を
少量発注して、売れそうな商品だけ再仕入れ
しようと思って最低限の商品ページだけ作って
販売します。

その程度のやる気なので、当然売れるような
商品ページは出来上がらないので、どの商品も
鳴かず飛ばずになります。

その結果「売れなかったから次の商品を探そう」と
なり、この流れがずーっと続きます。

身に覚えがある方は気をつけてほしいですが
ちゃんとした商品ページを作るというのは
非常に面倒です。

面倒なので本気で取り組まないと形になりません。

取り組むという行動は多くのエネルギーを
使うので「とりあえず」では行動するだけの
エネルギーが足りないんですね。

例えば部屋の片付けもそうです。

散らかってるけど、どうせまた散らかるから
そのままでいいやと思ってしまいます。

ですが、彼女が遊びに来るとなると
「ヤバイ、この状態は恥ずかしい。片付けよう」と
普段以上のやる気やエネルギーが溢れて
パパっと片付けるようになりますよね。

これと同じです。

自分の中でどこまで「本気でやろう」と
思っているかで行動の質は変わります。

「とりあえず」のリスク回避もいいですが
「やらなきゃヤバイ」と思えるほどの
思考に切り替わるほどの内容に変えると
一気にうまく行きだします。

個人的にオススメは新規出品商品の
最初の発注数を最低100個からにすることです。

こうすると部屋にダンボールがガンガン置かれて
「ヤバイ、これ売らないと部屋がヤバイ」と
なるので必死になります。

僕が本気になろうという場合はこれを毎回
やっているので何とかそれなりのものを
作れています。

ご自身に合う方法で、色々考えてみてください。