洋服のネットでの購入はレビューが参考になる

Pocket

ネットで服を買った時の失敗

40代の主婦ですが、普段からネットで色々な物を購入します。

最近はペットボトルのお水までネットで購入するようになりました。

重いものは、玄関先まで届けてくれますので助かります。

しかし基本的にアマゾンや楽天などの大手しか利用しないようにしています。

一番の心配はトラブルが起きることですので、やはり大手は、ある程度出店側のチェックもしているでしょうし、レビュー数も多いですから。

幸いなことに、これまで支払や返品、配送等でトラブルにあったことはありません。

しかし、それでも失敗はしてしまいます。

何回かやってしまったのは、衣服の購入した際、やはりサイズが合わないことと素材感が思っていたのと全然違っていた、ということです。

店舗では素材の感触を直で確認できますし、試着もできます。

しかし、ネットでの購入は、商品説明を十分読んで想像を膨らませないといけません。

例えば、衣服の素材が、化繊70%、ウール20%、綿10%といった場合、生地はどんな感じなのかとか、想像しなくてはなりません。

商品説明を十分読んで納得の上注文し、しかし実際送られてきたものを見たら、生地は薄っぺらくしわが付きやすい素材だった、発色がネットの写真のものと違う、ということは何回かありました。

素材感が思っていたのと違ったときは、私の場合、着れなくはないですから、金額並みの品と納得し返品は基本しません。

ですのでネットで購入する時は、ある程度は覚悟して注文しますし、返品しなくても済む程度の金額の商品しか購入しないようにしています。

しかし、一番困るのがサイズが合わなかった場合です。

以前、注文したものを実際に着用してみると小さすぎた、ということがありました。

自分は、普段はMサイズでその通り注文したのですが少しきつくて、とうとうLサイズかと、ショックでした。

しかし、その商品のレビューを読んでみたら、ストレッチがあまり効いてないのでワンサイズ上をお勧め、とありました。商品説明部分だけでなく、実際に商品を買った人のレビューも読んで参考にするべきなのだと思いました。

サイズの合わない商品は、すごく安いものは子どもの古着や不用品などと一緒にリサイクル店に持っていきます。

しかし、少し購入価格が高い場合は返品しました。

返品には送料がかかってしまいますが、購入代金は戻ってきますので。

思ったのと違うとか、サイズが合わないなどは、注文する側にも確認が十分でなかったなど問題があるとは思いますが、出店側も商品説明の記載が十分でない場合が多くあります。

そこで、既に購入した方からのレビューがかなり参考になるのです。

レビューはしっかりと読み込む

私はなるべくレビュー数の多い商品を購入する候補に挙げてからレビューを参考にし購入の検討をするようにしました。

それでも、思ったのと違う、というのはなくなりません。それがネットショッピングの問題点でしょうか。

しかし、ネット販売の利点は、やはり圧倒的な商品を目にすることができる点です。

うちの子どもは、年齢の割に脱ぎ着がしやすいゴム入りのズボン(イージーパンツ)が好きなのですが、案外そういう商品を探すのは大変なのです。

実店舗で買おうとすると何軒も見て回らなければなりません。

しかし、ネットではキーワードさえ入れれば相応のものが出てきます。

これといったものがなくても、隙間時間に常に検索していると希望に合ったものがそのうち出てきますし、即決しなくても在庫等を確認しておいて在庫に余裕があれば少し後に購入を決めることもできます。

ネット購入で何度か失敗を経験していますが、やはり便利なツールです。

ですので、自分の経験から、商品説明は十分読んで素材感を確認する、レビューを読んで参考にする、返品しなければならないリスクもあるのでせめて送料は無料の商品を購入する、失敗してもショックを受けない程度の価格のものを購入する、そして最終的に失敗を覚悟のうえで注文する、など、自分ルールを作ってネットショッピングを楽しむようにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です