中国輸入代行会社「ChinaSellingSupport(CSS)」

オススメの代行会社

オススメ代行ーイーウーマート

オススメ代行ー直行便

Pocket

この記事では中国輸入をするにあたって必須となる、代行会社の紹介をしていきます。

今回ご紹介するのは「ChinaSellingSupport(CSS)」という代行会社です。

中国輸入代行会社ChinaSellingSupport(CSS)の評判や口コミは?

「ChinaSellingSupport(CSS)」は「チャイナセリングサポート」と読みます。

CSSは主に法人のみを対象にしてきた代行会社となります。

そのため、サポート体制が非常にしっかりしており、物流においても非常に安心感があります。

CSSの特徴は大きく2つとなります。それは「詳細な検品体制」と「安心の配送」があります。

詳細な検品体制

中国からの輸入で多くの方が心配をするのが商品の検品です。

中国からの輸入は箱潰れや色違い、汚れやセット数不足など、多くの問題に悩んでいる方も多いと思います。

大量生産をしている以上、どうしても不良品や品質の低い商品というのも入ってきてしまいます。

これは中国からの仕入れだから、というよりも、海外から商品を仕入れる場合はどうしても品質の低下というのは起きてしまいます。

不良品が届いてしまうと、その商品は販売出来なくなるので、損失に繋がります。

ですが、CSSでは日本へ商品を送る前の検品が非常にしっかりしており、不良品があれば日本へ送る前に取り除いてくれます。

不良品が発送されない為、無駄な関税や国際送料が発生しません。必要な分だけのコストしか発生しないようになっています。

また、不良品が発生した場合は仕入れ先の工場や店舗に交換交渉なども無料で行ってくれます。

無料で交換できないか交渉をしてくれ、交換できた場合は次回配送時に合わせて配送してくれます。

「不良品の交換交渉」というのは非常に地味ですが、これをしてくれるからこそ、安心して発注ができると思います。

他の代行会社では、不良品が発生しても日本に送ってきたり、そのまま破棄されたりして無駄金になってしまいます。

お客様のことを真剣に考えてくれる、丁寧な対応だからこそ実現されたサービスだと思います。

安心の配送

CSSは日本の大手ANAグループの物流会社OCSとの1級代理店の契約をされています。

海外からの輸入はFedexやDHLなどが有名で、あまりOCSというのを聞いたことがない方もいるかもしれません。

ですが、ANAグループの物流会社ということもあり、配送は非常に丁寧で、非常に早く到着します。

配送の速さはANAグループだからこそと言えます。

中国からの配送では、荷物を雑に扱われるせいで商品に傷や凹み、破損が起きてしまうということはよくあります。

扱いも雑で、中身がグチャグチャになってしまうと有名ですが、OCSでの配送は僕も経験したことはありますが、非常に丁寧です。

以前、化粧箱に商品を入れたものをCSSさんに送っていただきましたが、500個ほど送っていただいて、箱潰れがあったのはそのうちの1個~2個程度でした。

ただ、その時はクッション材を入れてなかったので、次回からクッション材を入れてもらうことで、箱潰れの商品を0にすることが出来ました。

「箱潰れ商品が0」というのは、日本の配送に慣れていると当たり前だと思うからもしれませんが、中国からの仕入れでこれを実現するのは非常に困難です。

多くの代行会社に聞いても「箱潰れはどうしても起きてしまう。仕方ない」と言われますが、CSSは箱潰れを極限まで減らす努力をしてくれます。

メインの取引先が法人企業を相手にしているからこそ、この品質が出せるのだと思います。

代行会社という「ビジネスパートナー」を選ぶ時は、こういう姿勢や取り組みをしている会社は非常に信頼がおけるものだと思います。

OEMも得意としている

検品や配送など、物流について非常に高い品質でサービスを提供してくれるので、通常の買い付けは安心して依頼出来ますが、OEMについても非常に高いレベルでサービスを展開しています。

多くの法人企業を相手にOEMを提供しておりますので、工場の選定や交渉が他の素人のような代行会社とは全く違います。

CSSでは多くの工場との取引履歴がある為、信頼性が非常に高くなっており、交渉なども非常に有利に進めることが出来ています。

例えば値下げ交渉、これは発注量に応じて出来る、出来ないがありますが、可能な限り交渉をしてくれます。

過去のお客様の事例では、他の代行会社に頼んでいた金額の3分の2程度まで下がった方もいました。

仕入れ価格が下がれば、下がった金額分がダイレクトに利益になって響きます。

また、他にも製造のスピードを上げる交渉もしてくれます。

僕が以前、どうしても早く納品したかった商品があり、納期を早めれないか交渉をするようお願いしてみました。

すると約1週間ほど早く商品が完成され、すばやくFBA倉庫に納品することが出来ました。

CSSではFBA直送にも対応している為、最短最速でFBA倉庫に入れることが可能です。

更に直送にすることで日本で発生する送料も浮くので、今まで日本で受け取り、FBA倉庫へ配送していた方は国内送料がまるまる浮くことになります。

更に上記でも記載しました通り、OEM商品で不良品が発生した場合は、工場へ返品・交換交渉もしてくれます。

通常の代行会社であれば、不良品が発生するのは仕方がない、不良品もそのまま送るということを言われますが、不良品も送られてしまうと送料や関税がムダにかかります。

また、不良品でも製造コストが発生してしまうので、不良品が多く発生してしまった場合は大きな損失となります。

どの程度まで交渉が可能かは工場によるので、必ずしも交換をしてくれるとは限りませんが、僕が依頼をした際は不良品は全て無料で交換をしてくれました。

正確には次回発注時に、不良品分だけ余分に作ってくれるという対応をしてくれました。

このような交渉も無料で行ってくれるので、安心してOEM依頼をすることが出来ます。

交渉というのは経験値や工場との関係性というのが非常に重要となります。

どのように交渉するのかで結果は大きく変わってきます。

CSSではそのような交渉が上手なスタッフが多く在籍していますので、OEM制作において優位な状況を最初からとることも出来ます。

サービスの品質も高く、料金も安いCSSは無料会員と有料会員があります。

有料会員は29800円と少し割高ですが、付属するサービスを考えると、それ以上のメリットがあります。

まずは無料会員でサービスを体験して、品質の高さを確認した後に有料会員に移るのもいいかもしれません。

有料会員で提供される情報は、金額以上の価値があります。

その情報を使って、多くのトップセラーが売上を上げていますので、売上を更に上げたいという場合は是非ご検討ください。

CSSのホームページはこちらになります。

CSSホームページ