Amazonで中国商品を売る時に気をつけるべきチェックポイント

Pocket

こんにちは、タオバオ比較です。

Amazonや楽天、ヤフーショッピングで中国商品を売る時に気をつけるべきポイントというのがあります。

それは「お客様はどこを気にしているのか?」という部分です。

一般的に中国商品と言えば「安かろう悪かろう」という悪いイメージが強いです。

実際に商品を仕入れ、販売している僕達からすると、そこまで悪いイメージはないかもしれませんが、まだ一般的には昔の悪いイメージが残っている方は多いものです。

そこで、今回は商品を購入するお客様が中国商品をどこを見ているのか?

商品を購入する際にどこを気をつけているのか?についてお伝えしていきます。

今回お伝えするポイントを改善していくことで、売れる商品ページにすることが出来ますので、ご自身で扱っている商品ページは大丈夫か、ぜひチェックしてみてくださいね。

お客様が中国商品に対して思っているイメージ

実際に中国商品を購入しているお客様に「中国商品はどんなイメージか?」というアンケートをとってみました。

その結果、以下のような数字になりました。

中国商品は安くて品質も良かった(3%)

中国商品は安くないけど品質は良かった(1%)

中国商品は価格と品質のバランスが良かった(18%)

中国商品は安いけど品質は日本商品には劣る(53%)

中国商品は安かろう悪かろうだ(25%)

というような結果になりました。

このように思われていたり、実際に悪いものが多いのが現実なのかもしれません。

ただ、「安い」というようなことはお客様も把握しているので、安いだけじゃなくて品質もいいものを提供することで他の商品を大きな差別化をすることが出来ます。

「価格が安いけど品質は日本品質以上」というものを提供することでお客様に喜んでいただくことが出来るというのが分かりますね。

なぜそのようなイメージ、印象を持ってしまったのか?

次に、そのお客様になぜそのようなイメージ、印象を持ってしまったのか?を聞いてみました。

やはり、何かしらの理由があって悪い印象というのはついてしまいます。

これが分かれば商品の改善点も見えてきます。

少し長いですが、商品の改善や商品ページを作る際にかなり参考になると思いますので、読み込んでみてください。

『中国商品は安くて品質も良かった』と答えた方の回答

以前は品質が悪いイメージでしたが、今では質もかなり上がっていて値段以上のものを提供してくれてると思います。

以前、中華料理のコックをしていた関係で中華食材は良く買います。
なので中国商品は、特に偏見はありません。むしろ日本にない食材で美味しい料理を今でも作っています。

実際に安く買えた中国製品をたくさん持っているので。例えば鞄などは色やデザインも豊富で、気に入っている物が多いです。それに丈夫なので使い勝手もいいです。

『中国商品は安くないけど品質は良かった』と答えた方の回答

鉄道模型のあるメーカーが中国に工場を持っているのですが人件費高騰で二本製メーカーよりも1.5倍以上割高になってしまったため。

『中国商品は価格と品質のバランスが良かった』と答えた方の回答

中国のトップメーカーは世界のトップクラスに達しているため、提供価格に基づく品質の向上があると思います。

コストパフォーマンスが良い印象。長年愛用するものでない場合は中国製で十分。以前に比べると日本に正式に進出している中国企業の商品の品質が悪いという印象はなくなった。

私は折り畳みライトを購入したのですが、製品が入っている箱が中国語しか書いておらず、バリバリの中国製品でした。
それでも、問題なく使用できるし、機能がシンプルで使いやすいです。
値段も安いので、壊れても「まあそうなるよね」と納得しやすいからです。

中国製製品は今や市場に多く見かける。商品自体も以前から比較すると格段とよくなっている。特に電気製品はなかなかのものであると思います。人件費がまだ日本と比べてかなり安いため価格も安くなるのだろう

ここ最近は以前の中国製と違って日本の技術者が中国に流れていて、品質も格段にアップしていますので、物によっては品質も値段もアジアでは上位に入る部類だと思います。

日本製の電化製品はオーバースペックになり過ぎていて、必要の無い機能がありすぎる。
例えばBluetooth スピーカーなどは単純に音が鳴り、耐久性があれば充分なのだが日本製だと余計な機能があり無駄に値段が高い。

いつも、商品購入者のレビューを参考に買い物します。
レビュー内容を読み、良くない評価が多い物はいくら安くても買わないようにしています。そのため、想像以上に悪かった物は今までにありません。

ニュースで見る中国のイメージにかなり影響を受けていると思う。中国の文化や国民性が悪いとは思わないが、安い一方でやはり日本のような繊細さには欠けると思う。

洋服等のほとんどが中国製ですが、シーズンで買い替え等流行り廃りがあるのでワンシーズン着るぶんには特に困ることはないので値段も日本製のものより安くて良い。

有名店で売られている、安い衣類や小物はだいたい中国製で、特に悪いと感じたことはないです。値段以上にすごく品質が良いとは言えませんが、値段と見合っている品質だと思います。

実際使ってるのを見ると殆ど中国製品が多いです。特に洋服等は。中国製品だからといって特に悪いとかはないです。ただ、食べ物に関してはニュース等でよく取り上げられているので、不安ですね。

購入前はいまだに不安。だけど、日本製を探すとなると、なかなかないか、高額だったりするので、諦めて中国製を購入することも多々ある。しかし、思っていたより悪くもない、という印象

やっぱり安い理由は、必ずあると思うので、妥当かなと思うからです。たまに、値段よりものもちがよかったこともあるので、悪いとは思いません。

一昔前に比べると、イメージが良くなったと感じています。
特に品質に関しては、粗悪品が少なくなったように思います。

昔は安いけど品質は日本製に劣ると考えていましたが、時代は変わり、中国製でも品質のいい物が増えてきたように感じています。結果、現在は値段と品質がちょうどいいレベルまできています。

安くてもそこそこ使えて長持ちする物が多いので、自分の生活レベルにも合っていてちょうどいいと思いました。

家にある日用品も衣類も中国商品が多く、普段使用、着用する分には何の不自由もない。
むしろ、服なんかは好きなデザインで購入しているので日本製に劣るとかそういったことは一度も感じたことはなく、気に入っている。
そして、価格も日本製のものを買うよりは安く購入できるので手を出しやすい。

普段着は高い服を着ないので中国製が多いですが、普通に洗濯にも強いですし、特に品質が悪いとは思いません。

『中国商品は安いけど品質は日本商品には劣る』と答えた方の回答

化学繊維の製品(手袋など)を購入したときに、石油系の臭いがきつくて使用できませんでした。
洗濯してもニオイが落ちないくらい酷いもので、価格を下げるために作業工程をカットしていると感じました。

いいものもあるのだろうが、餃子事件など負のイメージがあまりに大きすぎるのではないかと思います。また中国=偽物という印象もあり、イメージ的によくありません。

中国製品のおかげで、品物が安く買えるのはありがたいがどうしても細かい品質などは日本製に比べて劣ってしまうと思ったから

大量生産でコストを押さえた低価格商品も日本で洗練された技術の中で作られた製品は価格で勝てても品質では絶対に勝てないと思うからです。

興味があったエアガンとスマホ用のキーボードを購入。コスパで比べるなら中国製品は優秀だと思う。品質はそこそこなんだけど、かゆいところに手が届かない感じがする。迷ったら買っていいレベルです。

大抵作りが安っぽかったり雑だったりするので。
価格は安いことが多いが。
細やかさに欠ける傾向があると思う。

今来ているTシャツですが、同じ綿100%のものを比べるとはっきりします。価格の差はあれど、日本製は丈夫ですが、中国製は脆いです。

衣料品に関していうと、縫い目などが荒くすぐにほつれたり、材質が良くない為か耐久性なども低く感じてしまうからです。

この冬、楽天で安い布団を買ったが、糸がほつれているし、その糸自体がすごく細くて、
簡単に切れそうなのもので縫製してあって、安いけどとても品質が悪いと思った。

中国製品と一括りで考えるのは難しいですが、一般的なイメージでは作りが粗く、故障や不具合が多いイメージがあります。

くつを買いましたが、紐の通し方が左右バラバラであり、インソールは糸がほつれていた。履き心地の悪さもあるので、アタリハズレがあります。

最低限の機能は満たしているので、使用感などは問題はありません。しかしながら、それ以上のこと上質感のようなものは持ち得ない、と感じます。

実際に使ってみて壊れやすかったり、デザインが荒い商品が多いけど安いから仕方ないかで片付くレベルだからです。

スニーカーを購入したのですが、すぐ中敷が剥がれて冬も履けるものだったんですが、履くと雪がしみてとても冷たかったので壊れやすいのかなと思いました

購入するものにもよるとおもいますが、あまり安すぎるものだと質も悪く、安かろう悪かろうでよくなかったです。
しかし、日本メーカーのものでMADE IN CHINAのもだと、生産は中国であっても品質はあるていど守られている印象です。

ニュースなどで中国製品の製造工程のずさんさを目にする事が多く、実際に使ってみて日本製の方が品質が良いと感じることが多いから。

実際買ってみて痛感したことが何度かあるからです。
中にはそうではなかったこともあるけど、品質は多少残念なことが多かったです

中国製は安く作るために時間をあまり掛けずに作られていて作りが雑で壊れやすい。それに比べ、日本製は丁寧に作られていて長持ちするので。

洋服の縫い合わせが甘かったり、おもちゃの色が塗ってある部分がはみ出していたり、細かいところが雑だと感じるから。

例えば道具など製品を使ってみて、すぐ壊れたり、使いにくかったりすると、その製品はたいてい中国産です。そういうことがこれまでも何回かあるので、なんとなく「中国産=日本製より劣る」というイメージが刷り込まれているのかもしれません。

有名ブランドでも多くのものは中国商品だとおもいますが中国から直送で売られているものはやはり質が悪いという印象を先日オンラインショッピングをして痛感しました。

以前アパレルで働いていましたが、やはりお客様は中国産より日本産の方が安心するみたいです。

わたしは、中国産だとすぐにダメになると教えられていました。

インターネットやテレビなどのニュースで宅配業者が商品を蹴ったりしていて悪い印象がある。確かに安いが扱いを見ても品質は悪いと思う。

ニュースで粗悪な加工食品の報道を見て、先入観からイメージを持ってしまっています。また中国の方も中国製より日本製を欲しがるようになってきているので、先入観が変わらずにいます。

実際に買ったものからの判断です。中国製はそこまで品質は悪くないですが、あまり長持ちはしないような気がします。反対に日本製のものほど値は張りますが、その分長く使えるものが多いです。

昔に比べれば少しは良くなったように思いますが、物によってはすぐに壊れてしまったり、見た目が安っぽかったりします。日本製は細かい所まで使いやすいようにちょっとした工夫がされていますが、中国商品はそれがない気がします。

たまに中国製の消耗品や衣類を購入することがあるのですが、形がいびつだったり、縫い目が雑だったりしたからです。

洋服で日本の某ブランドとほとんど同じデザインの服が有り、値段は十分の1以下でしたので試しに通信販売で購入、送料も無料でした。さすがに配送は2週間以上またされましたが、生地の風合いもデザインも本物と同じで大満足でしたが、洗ったらすべての洗濯物に色写りする程の色落ち、何度洗っても色落ちを繰り返すのやはり品質は日本製品より落ちるのを感じました。

日本製より安価なものの、細部に不備が多く壊れたり破損しやすいから。逆に日本製であれば不満を持つが中国製だと仕方ないと割り切れてしまう事がある。

買った商品が壊れやすいイメージがあるから。品質がすごく悪いということはないが、日本製に比べるとチープな印象の商品が多い気がする。

やはり日本製が1番安心して1番使い勝手が良いかなと感じます。中国製は安いですが、長年使うにはどうかなと思います。

中国製のネックレスをしていて皮膚がかぶれたことがあった。チェーンのシルバーメッキに何か物質が含まれていた。

日本のパクリばかりのイメージがあり、中国産と聞くと買うのをためらうことがよくあるため。品質が良くないイメージがあります。

中国では安い賃金で人を雇って大量生産をしているし、それゆえその品質チェックもどうしても甘くなってしまうと思っていたから。
実際購入した商品をみても、たとえば鞄なども縫製が甘く雑になっていて丁寧さに欠けているということが多かった。

バックや服、靴を頼んだときに裁縫部分などが粗くほつれやすかったり、接着剤の匂いがキツく、使用してもなかなか匂いが取れない。

中国製の品質は上がっているが、良い製品と悪い製品のバラつきがあると感じる。不良品率も高いので、日本製のほうが信頼できるという感覚が抜けない。

先入観もあると思うが、ニュースでも中国製の〇〇は。などの話題を目にするからやはり先入観なのだと思います。

マニュアルのフォントが中国語だったり、日本語の意味を成していないものを見かけることがあるので、製品は大丈夫なのか不安になる。
ただ、日本の企業がしっかり管理していて、それなりの価格のものであれば品質は問題ないと思う。

実際、日本製と比べると価格は安いと思います。ですが、作りが甘かったり、すぐ壊れてしまう物が多いので品質は日本製に劣ると思います。

中国製は日本製より安いものが多く、実際に服など国産に比べるとへたるのがはやかったりする。
値段は品質に比例している。

テレビ等メディアでは中国による偽物の販売や食べ物の衛生状況があまり良くないという情報ばかり目にするので

同じようなものを買ったときに、中国のものはすぐにヨレヨレになってたり壊れたりするけれども日本製のものは比較的長持ちをするから。

さほど使用していないのにすぐ壊れたりします。
新品の状態でも作りが雑だったりするので日本製に慣れていると気になります。

中国工場のずさんな管理のニュースや中国製品に農薬が含まれていた等のニュースをよく見かけるため
中国人は適当だという印象があるため

価格は安いものは多いですがその分耐久性が低かったり、つくりが粗雑なものが多い印象があります。特に衣料品はそのように感じます。

一見すると、日本製の商品にとてもよく似ていますが、壊れやすかったり、その商品のポイントになる部分のデザインが悪かったりするから。

衣類についてですが、縫い目と服の柄がバラバラなことが多いです。さらに裾などの仕上げ方が微妙なものは、製造を確認すると日本以外の場合が多いです。

安いからと思ってよく買いますが、すぐに壊れてしまうことがよくあります。接続部分の所とかを見ると雑さがよくわかります。

中国商品は作りが雑だとよく耳にするし大量に作ることを優先していて質にはあまりこだわっていないイメージがあるのでそう思いました

工場で大量生産な感じで、1つ1つ丁寧に作りましたという感じではないイメージなので、日本製の方が品質が良いイメージです

実際に使用している服、日用品などは中国製だと不安になってしまう。
壊れやすい、服ならほつれやす等が其の理由です。

値段に惹かれて買ってみたものの、見本の写真とデザインが違ったり、機能がいまいち想像していたものと違う事が多いからです。

安めの洋服を生産地を気にせずにデザインだけで気に入って買ったとき、袖口などの縫製が悪くタグを見たら中国製だったということがよくある。

『中国商品は安かろう悪かろうだ』と答えた方の回答

私はチョコエッグが好きで、よく購入し中に入っているおもちゃをコレクションしているのですが、中のおもちゃのパーツが足りていない時が多々あったり、おもちゃのパーツの形がおかしかったりなど、中国の製造工場には申し訳ないのですが、私はあまりいいイメージを持っていません。

ネットで購入しましたが、写真で見た印象だけで買ってしまい。商品が届くのも遅くやっと届いた結果。パーカーだったのですが、縫い目はほつれているし。一度の洗濯で型は崩れてしまい。着れなくなってしまったから。

様々な情報媒体から中国商品の品質の低さ、さらには有害ですらあること、利益のためなら浅はかな誤魔化しがまかり通る有様が伝わって来たため。

品質は日本製に劣るのは、当然として実感します。安価ですが、耐久性に劣るので長期的に見ると少し高くても日本製を買います。衣類、プラスチック製品など安いからと衝動買いするとゴミが増えるだけだと思うからです。(環境にもよくありません) また、政治的な日本に対する姿勢が嫌いですし、人権侵害・領土拡張主義な面が怖いので中国に対するイメージがよくありませんので、徹底的なチャイナフリーをしています。血の中国製品は、極力買いません。

安いのがうりで販売しているが、中国製の物は壊れ易く、食品に関しても報道されているように非常に管理が雑で人に食べさせようとは思っていない

食品偽装の事件が多発してからどの商品も所詮中国製…という固定概念が付いてしまいました。
そのため国産ならもう少し長持ちとか美味しいとか思ってしまいます。

Lenovoのモバイル系のノートパソコンを買ってのですがタッチパネルがよく分からないが反応しなくなった為やはりいまいちの印象を持ちました。

物によってだとは思いますが、中国製の物はすぐに壊れてしまう印象を受けます。また、ずさんな作りで困ることもあります。

デジタルアンプを購入したい際にステレオの左右が逆に設定されていたり音がちゃんと出なかったりでやはり中国製は駄目だなという印象が強まりました。

服や食べ物に限らず、安いのは良いが質は求めてはいけない。
服なら、すぐに糸がほつれたりして「まぁ、こんなもんだろ」という印象。

よくネットで買い物をするがすぐに壊れたり臭いが気になったりした品物は決まって中国製。写真と全然違う物が届いたりするし返品の際の対応が悪い。

中国製の商品はなんとなくどこの国よりも品質や衛生的にもよくないイメージがあり、すぐ壊れるイメージなので安く済ましたい時に買います。

ショップでレディースの服を購入したら、中国製特有の匂いがして、洗濯したら、色落ちしたからです。
サイズも縮みました。

以前、ネットで中国商品の妊婦用クッションを買った際、数日使用しただけで、ほつれが出てきてしまったので。

以前働いていた雑貨屋で中国産商品も扱っていたが、不良品が多かった(異物混入、汚れ、破損、故障など)ため。

ニュースで中国製品の粗悪さを報道していたり、中国人自身も自分の国の物は信用できないと言ってるのを見た事があるのでいいイメージは全くありません。

好きなブランドの服がほとんど中国製で着ていて傷むのが凄く早く、すぐほつれてきたりするので残念に思いました。

ニュースなどを見ていると、危険な塗料を使用しているなど、製品の安全面に無頓着な印象が非常に強いです。

食品の異物混入のニュースをみてから中国産は信用できない。また衣類は生地がもろく糸のほつれが目立っている。

中国製は安価な大量生産品の定番であることが多いので、買いやすい値段に合った質と割り切っています。
もしも使い勝手が悪かったり壊れてしまったりしても、どうせ安いからということで納得できるので特に腹も立ちません。

安いものは故障しやすかったり、使いにくかったり、どこの商品かなと調べてみると大概中国産のことが多いからです。

ある電子おもちゃを購入したが、音量の設定ができなかったり中の接続部品などの半田付けが雑だったりした為

ネットショッピングで、中国製のTシャツを買いました。一枚200円くらいで、柄ちがいで数枚買いました。一定額以上だったのて、送料も無料でした。
単価は安かったですが、生地がペラペラで下着が透き通るくらいでした。また、柄ぶぶんもプリントが雑で、数回洗濯すると剥げてきました。
値段なりの商品だな、と感じました。

テレビで、例えば、うなぎを飼育していても、餌がゴミだったり、食品に対する扱いが雑で、非衛生的だったりというニュースを何度も見ているし、建物に関しても安全性は疑問だし、全てにおいて、見かけだけ繕っておけば良い的な考えなんだろうなと思い、中国製品は買いたくない。

見た目は特に気にならないのでいいのですが、細かいところが雑で機能性で考えるとやっぱりよくないと思いました。

 

というような意見をいただきました。

中国商品の印象がいい、良く思っているという方は長く使っている方が多い気がします。

中国商品の印象が悪い、よく思っていないという方は自分の意見や使った経験から、というものもありますが、周りのイメージやメディアから受ける印象操作も入っているような感じですね。

または、安い中国商品を買って、それが「中国の商品はこんなものか」と思ってしまっている方もいますね。

コストは品質に比例するのはOEM商品を作る僕達もよく理解している部分だと思いますが、改めて意識をしなおした方がいいかもしれません。

いかがでしたか?

お客様が中国商品に思っているイメージや印象が分かれば、あとはそこを強化していくだけで自然と売れる商品というのは作れるようになります。

Amazonや楽天で売れている商品は、これらを特によく改善させていて、アピールをしていることが多いということに気がつくと思います。

売れるポイントをしっかりと押さえて、売れる商品ページを作っていきましょう!