こんな中国輸入代行会社は危ない!気をつけるべき3つのチェックポイント

Pocket

中国輸入代行会社を使っている色んな人からこんな話しをよく聞きます。

 

使っている代行会社に国際送料をボッタクられた

全く違う商品が届いた

検品はしているのか?と疑うような商品が届いた

代行会社からの連絡が遅い

 

未だにこんな代行会社があるのか?と驚くかもしれませんが、多くの代行会社はまだこのような状況です。

というのも、利用者が何も知らないことをいいことに、やりたい放題やっているというのが現状なのです。

もちろん、いい代行会社もありますし、マジメにやっている代行会社も多いです。

しかしながら、名前が売れている代行会社や、コンサルティングなどをしている人が紹介する代行会社などで上記のような事が起きているのも事実です。

ある有名な代行会社では、社員が給料よりも不正で稼いでいる金額の方が多いということもあります。そのような代行会社をタオバオ比較では紹介していませんが、管理が甘い代行会社ではスタッフがお客様から手数料や送料、商品価格などを上乗せして搾取しているところもあります。

このような事が起きないよう、安心して代行会社に依頼出来る代行会社を見分けるポイントについてお伝えしていきます。

安心して利用できる代行会社を見分けるチェックポイント

一番大事な要素として、その代行会社のサービスの透明性です。

例えば、

・料金明細は細かく書かれているか?

・検品などの状況を動画などで配信しているか?

・スタッフの仕事スペースは上司もすぐに確認出来る環境か?

・国際送料は掲載されている金額と違いはないか?

などがあります。

 

特に、スタッフの仕事状況を上司などがすぐに確認出来ない環境は非常に危険です。

人に見られない環境ではスタッフも不正をやりたい放題になります。こんな環境を放置している代行会社は避けた方が無難でしょう。

「現場の様子なんて分からない」という方も多いと思いますが、どのような職場で、どういう人が働いているかは代行会社のブログなどに掲載されていることが多いです。

タオバオ比較でも代行会社に直接行き、仕事場を撮影させていただいたり、倉庫の写真などをブログ記事に掲載しておりますので、そちらでも確認していただくことが出来ます。

また、代行会社はそこまで大きくないところが多いので上司が社長という事もよくあります。

社長がいつも不在、現場にいないという代行会社は監視の目も甘くなるので不正が起こりやすい環境と言えます。

代行会社の内部や料金の詳細などを公開していない代行会社は注意した方がいいです。

連絡が遅い代行会社への対策方法

連絡をしても中々返事がこない代行会社もあります。

これは連絡手段や時期、時間によって仕方ない時もありますが、普段から常に遅い代行会社というのは非常に危険です。

何故かと言うと、連絡が遅いというのは1人の担当者が多くのお客様の担当をしていることが多いからです。

こちらからは担当者とは1:1のやり取りになりますが、代行会社のスタッフは10人、20人と一気に対応をしていることが多々あります。

そうすると順番待ちになってしまうので、自然と返事をもらえるのも遅くなります。

また、それだけ多くの人を対応しているということは、仕事の漏れが出てしまう可能性も高くなります。

対応するお客様の数が多いということは、仕事量も多いということになりますので、うっかりミスや確認漏れというのはどうしても起きてしまいます。

そのミスが発注漏れや連絡漏れだとすると、売上や利益などの直結してしまい、大事になってしまう可能性もあります。

どれだけあなたが売れ筋の商品を作ったとしても、商品の仕入れがストップしてしまえば売上は0になってしまいます。

たまに連絡が遅くなる時がある程度であればいいですが、常に連絡が遅い、漏れが目立つなどであれば対応しているお客様の数が多い可能性があります。

その場合は、代行会社に専属スタッフ対応のプランがあるか確認をして、それに申し込むか、他の代行会社を探した方がいいかもしれません。

検品が甘い代行会社は注意

多くの人は料金や知名度で代行会社を選んでしまいがちです。

その結果、商品が届かない、検品が出来ていない、サービスが悪いなどの痛い目にあっています。

特に料金が安い代行会社の特徴として

・検品が甘い

・対応、商品の到着が遅い

というものがあります。

 

これは料金が安く、知名度があるので多くの利用者が殺到し、現場が対応出来ていない状況ということです。

料金が安いのは一見嬉しいポイントですが、検品が甘く到着が遅れることで在庫切れのリスクが高まったり、不良品率が高まって結果的に損をすることが多くなります。

不良品は代行会社側で見つけることで、工場と交渉して交換をしてくれる代行会社もありますが、安いところはそれをする時間がないので、全くチェックをしないということもあります。

そうした表では見えない損失で、料金が安くなった以上のお金を減らしてしまうという事はよくあります。

料金が安いというのは、どこかに必ず影響が出ているものです。

検品が甘いと商品を購入したお客様からクレームが来ることがあります。

また、悪いレビューを大量に書かれてしまう可能性も高く、商品レビューが悪いレビューで溢れてしまうと商品の成約率がどんどん下がっていき、どんなに売れる商品だったとしても売れなくなってしまいます。

料金が安いから、という理由で代行会社を使ってもここまでのリスクがある代行会社を使うのは賢い選択とは言えません。

まとめ

安心して使える代行会社を見分けるポイントとして

・代行会社のスタッフの仕事場の環境は透明性が高いのか?

・代行会社からの連絡は常に遅くないか?

・検品などが甘くなっていないか?

というような部分を見るようにしてみてください。

 

代行会社を選ぶ際は知名度や料金の安さで選んでしまいがちですが、そこだけを見てしまうとそれ以上の損失が発生することもあります。

その代行会社は信頼出来るのか?などを確認した上で慎重に決められた方がいいです。

タオバオ比較では代行会社がどのようなサービスをしているのか?どんな検品をしているのか?などを直接代行会社まで行って確認をしています。

記事の中で代行会社の中の撮影などもしていますので、代行会社選びの参考にしてみてください。

オススメの代行会社はこちらでも紹介しております。

タオバオ比較オススメの代行会社一覧