タオバオ比較.com

よく読まれている記事

子ども用の防寒具を購入しての失敗談

Pocket

成長を考えてサイズが調整出来るウェアを購入

私は35歳の女性で職業はショップ店員のパートをしています。

そんな私がネットショップで購入して失敗してしまった商品は子供用の防寒具でした。

防寒具といってもいわゆるスキーウエアやジャンプスーツといわれている種類の商品です。

冬に雪で遊ぶ時やスキーをする際などに着用するもので上と下がつなぎになっているタイプのものでした。

どんな失敗をしたかというと簡単に言えばサイズが大きすぎて子供が全くきれなかったとういうことです。

その私の子供は普段100サイズを着用していました。

その商品はサイズ調整が可能な紐がついていて大体95から115までのサイズの方が使用できるようになっていますと記載されていました。

袖の部分と足の部分に紐がつけられていてその紐を引っ張ることで長さを短くすることができるという優れた商品でした。

正直なとことはデザインが気に入ったというのもありました。

しかしこれなら来年も着れるかなという甘い考えでついつい購入してしまいました。

それに加えて100サイズというのは人気があるようで100サイズが販売されているネットショップが少なくて、あってもデザインが気に入らなかったり値段が高すぎたりとなかなかいいものが見つけられませんでした。

そこで妥協して調整可能な商品を購入してしまいました。

やはりネットショップということだけあり普通にお店やさんで購入するよりもはるかに安い値段で販売されていました。

しかしいざ届いた商品を試着してみると腕の長さも足の長さも長すぎて調整の紐を引っ張って調整して見ましたが、ただごわつくだけでこれでは雪遊びもできないなという印象しかありませんでした。

私は徐々に失敗してしまったなという気持ちになっていきました。

ネットショップではやはりサイズが一番難しいなということを改めて感じました。

そして子供の洋服特にアウターに関しては大きめサイズを購入するよりもジャストサイズに近い商品を購入しなければならないということを感じました。

失敗したとは思いましたが、サイズが合わないからという理由での返品は受け付けていない旨が記載されていました。

そのネットショップは対応もよく発送も迅速でとても好感を持てるショップでした。

そのため今回は勉強だと思ってその商品は自宅に保管しておくことにしました。

返品できたとしてもネットショップでは送料はお客様負担というところが多いと思います。

結局商品を購入する前に自分でしっかり確認すべきところは確認して間違いがないように失敗しないようにしなければなりません。

しかし無駄になったわけではなくサイズが合うようになればまた着せることはできるので問題はないかなと思いました。

しかし今着せるものがないわけなので、結局結果的には出費がかさんでしまいました。

もったいなくてもジャストサイズを選ぶべきだった

今後失敗しないためにはやはりサイズをきちんと計測して今のジャストサイズの商品を購入するべきだなと思いました。

子供用のスキーウエアはなかなか全国的に使用することがないためか、ネットショップでも種類が少なく、可愛いものを見つけるのが大変でした。

その中でやっと見つけた商品でしたので正直残念な気持ちもありました。

子供も気に入っていて今すぐにでも着たかったようでした。

子供の持ち物はこれから買い揃えなくてはならないものが非常に多くなります。

そういう中で少しでも出費を抑えようとしてしまったがために今回は失敗してしまいました。

洋服は実際に見て購入するのが一番だと思いました。

今度からは必ず採寸をした上で少しでも不安がある場合は購入を見送るくらいの覚悟を持って商品をネットショップで購入していきたいと思いました。

失敗から学ぶことは多く今回は勉強になりました。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*